読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

枕が恋しい日々

より視覚と簡潔さが求められる時代に適応できずにいるテキストブログ

セッション!

今週のお題「今年買って良かったモノ」

 

 

アルトサックスを習っている。

 

 

 

 

リコーダーなんてがんばれゴエモンに出てくる装備くらいにしか考えていなかったし、

楽器を習う絶好の機会が回転寿司のように何度も何度も回ってきたけれど、

そのたび言い訳して力強く見逃してきた。

 

f:id:FISH9342:20151129230249p:plain

('-`).。(よく町民叩いて怒らせて屋根に登ってたなぁ)

 

そんな思いを溜めていながらも今更今更と見逃し続けていたのだけれども、

ふとしたきっかけで研究室の先輩たちがタイミングよくヤマハ大人の音楽教室に入り始め、

それじゃ自分もと、ぬるっと便乗して憧れていたサックスのレッスンに受けに行くことに。

それが去年の11月末。ちょうど今日くらいでサックスを習い始めて1年が経つ。

 

 

仙台で習っていた先生の紹介で代々木の音楽教室を紹介してもらい、習いに行ってる。

ラクール50というサックスのクラシックの教本と、ジャズスタンダードの教本の2つを同時に進める形で進んでいる。

東京で習い始めた時でも音階の読み方も怪しかった自分が教本の1つの曲をやるだけでも大変だった。

 

 

 

しかし先生は厳しい。

とても厳しい。

まだ読めなかった音階にカタカナを振っていたら「こんなもん付けてたらいつまでも上手くならないんですよ」ということで心の頼りの音階が消し去られた。

「次の音を死ぬ気で追うんだよ」と。

 

この前のレッスンで間違ったら「チッ」と舌打ちがきた。

 

そして今日のレッスンは今までで一番激しかった。

先生はきっとセッションを観たに違いない。

間違えたら殺される、そんなプレッシャーを1メートル先に感じながらの練習。

 

 

session.gaga.ne.jpより引用

 

 

 

 

でも、今日の俺は、いつもとちょっと違うんだ。

 

 

 

 

 

ちょっと、お腹が痛かった。

そういえば、柚子胡椒って赤色だったっけ?

あれ、実家でしばらく冷蔵庫に放置されていた食べかけのメンマにもこもこ生えてたヤツじゃないかなぁ。

食べちゃったなぁ。一部、赤かった柚子胡椒。

f:id:FISH9342:20151129231726p:plain

柚子胡椒 - Wikipedia より引用

 

 

なんかお腹が張っている。

そんななか先生からの厳しいプレッシャー。

 

「プロってのは一音でもミスったら一生笑われ者なんだよ」

「1つでもミスったら最初からやり直し。ノーミスでできるまで帰れないから。」

「どんどん良くなってるよ。でも絶対にノーミスでやるんだ。1人の練習だってそう、ピアノがいて、一音でもミスったらそいつの伴奏を無駄にしちまうんだ。そういう場面を想定して、プレッシャーの中で練習するんだよ。それが君を鍛える。」

 

 

良いことを言われている。

ものすごいプレッシャーの中でも、どんどん自分の音がよくなっていることが分かる。

譜面の音と自分が読み間違えた音が出てきてしまうのが本当にもったいない

 

 

先生からの高まるプレッシャー

どんどん良くなる自分の音

張り詰めていくお腹。

 

 

「プロってのは一音でもミスったら一生笑われ者なんだよ」

ハイ!(なんか屁が出そう…)

 

「1つでもミスったら最初からやり直し。ノーミスでできるまで帰れないから。」

頑張ります!(ちょ、ちょっといますかしたの出たけど大丈夫か…!?)

 

「どんどん良くなってるよ。でも絶対にノーミスでやるんだ。1人の練習だってそう、ピアノがいて、一音でもミスったらそいつの伴奏を無駄にしちまうんだ。そういう場面を想定して、プレッシャーの中で練習するんだよ。それが君を鍛える。」

ありがとうございます!(残り香とか大丈夫かなぁ…)

 

 

 

 

表題に戻る。

いま、モノを買う時代ではなくコトを買う時代と言われている。

今週のお題「今年買って良かったモノ」 

モノではなく、音楽はやり始めてよかったなって思う。

先生はそりゃ厳しいけども、いずれドラクエの曲とかジャズの曲を誰かと吹けたらなと思う。

そういうコトを買ってよかったなと思う。レッスン代、高いけど。

 

 

 

 

 

 

家に帰ったあと、教本を取り出し、音符の確認をする。

上手くなりたいな。

そして、冷蔵庫から取り出した柚子胡椒を、捨てた。