枕が恋しい日々

より視覚と簡潔さが求められる時代に適応できずにいるテキストブログ

無病息災選手、ここで無念のリタイア。

今週のお題「運動不足」

 

 

今年の無病息災、叶わず。

左手を骨折したようです。

したようです、っていうのも他人事のようだけども、

骨折してて3週間ほど経っていたようだったので気づかなかった。

親指の付け根あたりにある、舟状骨骨折という骨の折り方のようです。

 

www.joa.or.jp

 

3日前にフットサル大会に参加した時に改めてやっちゃった様子。

たしかに3週間前くらいに会社の人たちとのフットサルで変な手の着き方をして、

うわー捻挫しちゃったなあと手首をテーピングでぐるぐると巻いてたりして固定してて、

慢性的な痛みは3日もあれば治まってしまうほど。

力の入れ方によっては痛みがある程度。

でもその3週間前ので折れてたっぽい。

 

で、この舟状骨骨折というのが、近くに骨を治す細胞がないようで、

自然治癒に6~8週間かかるとのこと。

ひび割れのところから骨が割れて、偽関節とやらになるとさらに厄介になる様子。

最悪、骨が壊死するとかコワイこと言われた。

 

 

そんで整形外科さんでX線撮ってもらったんだけども、

よーーこんなわずかな白い部分見つけるなあっていうかすかなヒビ割れのところ見つけてくれて、

もう3週間経ってくっつき始めてる様子なんだけどねえ、と言われるも、

治りにくいからギプスね、と。

人生初ギプス。

ギプスGipscast) ドイツ語なんだ。

仕事柄、素材がものすごく気になる。

もともとはギプスは石膏で、水と反応して固まるようなんだけども、

今回使われていたのは完全遮光された袋に入っていて、15分間当て続けてたら硬化してた。

水も光も特に使っていないとしたら酸素なのかなぁ。

使いかけの袋を頑丈なクリップみたいなので留めてはいたけれども。

最近のギプスだと↓みたいなものもあるらしい。

https://biz.nikkan.co.jp/html/hatsumei/vol37-1.html

しかし袋から取り出して放置しておくだけで固まるって不思議だな。

水が含まれる層と、石膏層が別で、

折り曲げると水層の一部が破断して石膏層に流れ込み、固まるっていう仕組みならわかるけども、

それで全部固まるのかなぁとか、熱くならなかったしなぁと疑問。

粘土の1種と同じ仕組みなのかな。

https://ja.wikipedia.org/wiki/石粉粘土

これと同じかな。

 

 

まあそんなギプスのこと色々考えていてもなんもならんし骨はくっつかん。

骨折り損でくたびれる。草臥れる。くびれもできん。運動不足。

俺の細胞の活躍に期待。はたらけ細胞。

http://iamfroginstomach.hatenablog.com/entry/2016/08/06/011049

そういえば前は靭帯切ったのか…

 

記憶は別名保存、恥は上からぬりぬり

友達の結婚式で思い出したけれど、

友達がその奥さんに紹介している俺の話が

・山形旅行に行ったときにこれうまいんだよ!とコンビニのゆで卵をその場のノリで全部買い占めた人

・柔道着と間違えて〇〇を持ってきた男

iamfroginstomach.hatenablog.com

・毎日のように電話してて浮気相手かと思った人

なんていう話なので、毎回「あーこの人が!」という顔をされる。

俺は一体どういう人だと想像されていたんだろうか。

最近結婚した友達とは、共通の友人の結婚式場に行くまでにこんな思い出もある。

iamfroginstomach.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

前の会社でもみんなの思い出には仕事のことよりも日常のことの方が記憶に新しい気もする。

・エレベーターのわずかな隙間に会社携帯を落とした

・会社のトイレで「事後水洗後」に携帯を水没させた

・会社の雑務のマニュアルを作って、ラミネートフィルムに挟んだら知らない人の名刺も一緒に挟んでた

・後輩に自分の退職送別会を開いてもらう予定が自分だけに連絡が来てなくて直前まで行く店がわからなかったこと

 「俺抜きの送別会かと思った」と言ったらその発想を笑われた

 

 

 

 

こうやって記憶に残っていくんだろうか。

不本意なことが、多いながらも。

マカロニサラダ

友達が結婚した。

友達が続々と結婚した。

こう、感慨深いものがあるんだよなぁ

式に呼ばれるってことは、何年かぶりに会ったりするのに、

俺がしっかり覚えているその人が、その人の記憶にしっかりと自分が残ってくれていて、

そして親しみを感じてくれていて、

それで祝ってくれって言われてよっしゃーと行くわけだ。

なんだかうれしいよね。

 

 

 

結婚式の主役となる友達の新郎はみなかっこよい。

緊張してるだろうけど、晴れやかな、キリっとした顔で堂々と歩いてくる。

そして新郎を迎える友人たちはみな見慣れない友人をちょっと面白く感じたり、誇らしく感じたりで思わず笑ってしまう。

たいていは社会人になってから出会う人と結婚するので、新婦の方はたいてい知らない人だけれども、

あーあいつはこういう人と幸せになるのだなぁとしみじみと思う。

 

 

あと、披露宴で新郎が最後のお礼を伝えるときとか、結構グッとくる。

俺はこんなに立派に言えないなぁと思いつつ聞く。

新婦のかたの家族への言葉は意外と泣けないことが多い。

逆に親御さんが読む手紙や最後の言葉とかに胸が詰まることがある。

うちはもう父がだいぶ前に亡くなっているから、

もうああいう風に手紙を読んでもらう機会は永遠に失ったんだなあとも思う。

そう、親御さんが手紙を読むと父がふと思い浮かぶんだな。

別に手紙読むこともないし、深い言葉とか言われた記憶はあまりないのだけれども、

父ちゃんに感謝する機会も墓の前で言うしかないし、届いてんだか届いてないんだか。

 

 

 

ふと思い出す瞬間があって。

父の呼吸が止まった瞬間。

白い壁に囲まれた病室のベッドで、何本も管につながれて、目も開けないけれど、かすかに呼吸で体が上下する。

生きていることがわかるのは、生きていることを示す、緑色の波長。

家族で呼びかけても、応答はない。

でもそうすれば戻ってくるんじゃないかって。意識が、どんどん弱くなっている脈が、戻るんじゃないかと思って声を張る。

どう言えば、何を言えばいいのか分からないから俺は「父ちゃん」と呼ぶ。

1回だけ、かすかに強くなった。

ああ、でも弱くなってきた。ああ、ああ。次の波はこなかった。

口の動きが止まった。

動かなくなった。

父は戻ってこなかった。

その後は手際よく搬送されて、式や、火葬も色々な人の協力と、母と、親族の奮闘により無事に終えた。その後のことは、なぜかうすぼけている。

命が消えた瞬間をよく覚えている。

 

 

 

 

 

 

やっぱり生きててほしかったなーとつくづく思う。

そういや近況を報告すると

社会人になって家に彼女が初めてくるかもしれないと思ったときに家でもてなそうと思ってホームスタークラシックをわざわざ購入したけれども、結局二人で使うことはなく使わないのもなんだから自分が寝る前に天井に映る星々をじっと見つめて、かすかなモーター音の「ジィイイイィイイィイ」という音に快眠を妨げられながら過ごし、引っ越しのときに不用品として売ったら500円くらいだったそんな俺も結婚したよ。

f:id:FISH9342:20191015221614p:plain

f:id:FISH9342:20191015221655p:plain

 ホームスタークラシック

 

 

 

 

あと転職もした。引っ越しもした。人生大忙しなのにまったくこの鈍感さでぬくぬくと生きているのだから、このにぶさでだれかに迷惑をかけているんではなかろうかと思いつつ、まあいいかと生きてる。

死なずに生きていきたい。今年の目標。

 

推薦入試で自分を推薦できない人の話。

お題「わたしの黒歴史」

 

 

「あなたが中学時代に一番力を入れたことを教えてください」

 

 

 

 

 

高校の推薦入試。

俺は題名に、こう書いた。 

 

 

漢字検定2級を取ったこと」

 

 

 

 

いかに中学時代に漢字検定2級を取るのが難しいことか。周りからは「お前には無理だ」と言われながらッ!諦めずに!コツコツ勉強!千里の道も一歩から!友情ゥ!努力ッ!勝利ェ!合格ゥウ!次は準一級を目指します!以上!

 

話を膨らます能力だけは認められてもいいと思うんだよな。400字だか800字だか、結構頑張ったよ?

あとろくに練習していなかった面接で、サッカーやってたことを聞かれ、「ぜ、ぜ全試合で得点してました。」とか言ってしまった俺も知らないスタープレーヤーがここに。ちなみにポジションはディフェンスやってました。全試合得点とかすげーな。

制限時間90分くらいのところ30分程度しかかからなかった小論文、高揚しかなかった面接が終わり、鼻息荒く、なぜか完全に勝利したとしか思えない気持ちになり、俺の次の順番の面接のやつにはこう言ってやったよ。「大丈夫、余裕だから、緊張しないで、頑張って。」

家に帰ったら、玄関をガラッと開けて、ただいまも言わないで母にこう言ってやったよ。「俺、たぶん受かったわぁ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

格通知の掲示板には俺の番号はなく、俺が声をかけた、次の番号の奴が受かってた。

「ねえ、あの子無表情だけど受かったのかな?落ちたのかな?」

憧れの先輩になったかもしれないソフトボール部の先輩がこちらに聞こえるようなひそひそ話をしているのが聞こえた。落ちてた。家に帰った。母に告げた。落ちてた。

 

 

 

 

 

 

面接はガチガチに緊張しててハイになってたのはあるけど、小論文はもう少しどうにかならなかっただろうか。

みんな部活動のこととか書いてたのかな。

頑張ったことといえばアストロノーカってゲームで宇宙一大きいゴボウ作ろうとしてたりしてたくらいしか思い当たらないよ。

あと当時はまってたMapleStoryってオンラインゲームで頑張って12時間経験値をソロ狩りで上げ続けてたこととか。

漢字好きだったんだけどなぁ。スケール小っちゃかったんかなぁ。

 

 

 

 

ちなみにそのあと勉強頑張ったかといえばそうでもなく、ぬるりと推薦入試に落ちた学校に普通に入試で受かって入りました。

俺が声をかけた面接の次の番号のやつは同じ部活動で力を入れていきましたとさ。

めでたいめでたい。

そしてその高校の卒業式前にあんなことするなんてね。

そのお話はまた今度。

ことば採集①

自宅で中規模掃除をしていて昔の日記を見つけた。

誰かに見せるためのブログと、自分の振り返りのためだけの日記というように分けていて、日記の方は記憶の保管庫になっている。

書いていた当時は全くこんな内向的な内容ばっかりでいいんだろうかと思いつつ書きなぐっていたのだけれども、

今改めて見てみると変なこと書いているなあと思う。

 

そんなこんなで学生のときの日記からことばを一部だけつまんでみる。

 

 

切片が染まらないぞ! 染まらないなら染色体って名前つくんじゃねえ!(2013円1月8日)

当時は染色体を化学処理をして染める研究をしていて、なかなかどうも染まらない。

染めたい細胞種でのプロトコルは確立していなかったので、それの確立を研究テーマとして扱っていたのだけれども、

何の条件が作用して何が原因で染まるのか染まらんのかわからなかった。

ほんと染まれよ、と思った卒論発表2か月前の日記。

卒論発表の手前までデータ揃わなかったしなぁ。

 

「ここまで来た!松茸の育て方!」という研究室で見つけてシュールだったので彼女に画像で送ったら反応が芳しくなかった。2013年1月21日

今見てちょっと死にたくなった。

 

 

寝ぼけて昼飯にもっていこうと思っていたカップラーメンと冷凍ご飯をリュックから取り出してテーブルに置き、食べようとしていたフルーツグラノーラと紙パック牛乳(1.5L)とお皿をリュックに入れようとしていた。2013年1月29日

あるよね。こういうこと。

 

 

ウサギの肉は苦い。カンガルーはあとで苦くて吐きそうになる。ワニとシカはうまい。2013年2月18日

珍肉パーティーをしたときの記録。

当時、家にウサギがいたから複雑な気分だった。

ワニはうまい。あとクマはくさかったな。

 

プレゼンのコツは「俺ならわかるけど難しいな」と思わせるくらいにするのがいい 2013年2月21日

知らない人にわかりやすく、という考えでプレゼン資料を作っていたのだけれども、

大学教授相手だとそういう見せ方もありなのかと。

今だと、プレゼンする相手によって何をどう見せるべきなのかと考えるようになった上で、

そういえば教授相手だとこういう見せ方もありなんだなとちょっと考えさせられたので。

相手は知性をもった化け物だと思え、とも言われた気もする。

 

卒論発表。スーツがない。2013年2月27日

着ていくスーツがクリーニングに出されたまんまだった。

父のスーツを着てみたらさすがにクッキングパパみたいな体型(アゴではない)の父と俺ではまったく合わなかった。

急遽先輩のスーツを借りて卒論発表をした思い出。

なんだか人って変わらんよね。

 

ポンデリングを食べる際、逆ポンデリングにして食べるクセがついてしまった。変なの。2013年3月7日

f:id:FISH9342:20180617153635j:plainf:id:FISH9342:20180617153640j:plain

右のような感じでつなげてからすべて食べるという。大丈夫、変という自覚を持っているならばまだ大丈夫、大丈夫…

 

TIMEXで時計の電池交換を頼んだら、2100円もした。受付の人が美人で、目を合わせるのが難しかった。そして住所とかを書くときの自分の字の汚さに、とてもがっかりした。2013年3月10日

下手なんだよな。

上手いほうがいいんだろうか? ペン字講座って意外とお金かかるのね。

 

先輩にWWCCについて教えてもらった。カーリングの世界選手権が出てくるが、それが正解ではない。World Wide "Catan" Chanpiomship の略である。 2013年3月16日

世界クラスだと囲んで取っていくらしい。

https://www.youtube.com/watch?v=RMN14SKRvJw

カタンというボードゲームを大学の研究室ではよくやってた。

4人でやると数時間にもわたって戦うこともあるため、カタンの合間に実験を進めるようなものだった。

 

 

ここまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

たまには人の話を。

お題「今日の出来事」

昔から文章を書くのが好きで、それを人が見てクスっと笑ってくれたりするのが結構好きだった。

しかし最近はどうも書く気が起きない、というかアウトプットしようとするとごちゃごちゃしたものをまとめる技術がなくなってきているのだ。

それもそうで、書きたいことなんて腐るほどある。しかし小出ししていないのでネタが雪だるま方式に固まっていて脳からポンと取り出せないからだ。

なんか書きたいなぁと思っていてはてなダイアリー開いてみると、人のブログなんて最近見てなかったなと。

ということで、今回は今日見てて面白かったブログを紹介しようと思う。

 

 

世の中には「インプット」型と「攻略」型がおりまして(という名の受験勉強攻略法) - 京都物語

 

受験勉強の時にインプットが好きな人と、攻略が好きな人に分かれるんじゃないか、ということ。

たしかに攻略していくのが楽しい人と、雑談や小ネタが好きな人に分かれているんだなと。

思ったのが、そういえば人っていろいろ分類できるんだな、という本当に基本的なことに気づいた。

人への興味を結構失っていたんだなーと。

分類するというのが人を決めつけているようだし、

なおかつそれが客観的に正しいの? とか「正しさ」に目を向けているのが最近の自分の思考傾向だった。

中学生とかねえ、高校生のころは「好きなことは人間観察です(笑)」みたいな目に入れるととても痛いこと主張していたのにな。

今思い出したけど大学1年生のときに帰りに仙台駅西口の目の前にあるベンチに座ってみて駅前の人たちをぼーっと見ていて、「知り合いが誰かいたら帰る」と心に決めたら2時間以上帰れなかった思い出がある。

分かっていると思うがその時間、誰も知り合いは通らなかった。自分の可能性を信じすぎていた4月。

 

 

転機を繰りかえしてたどり着いた自分らしくいられる場所 - Somewhere in the Arctic

自分の中でどういう転機があって、今住んでいるスウェーデン北極圏近くの小さな町に行き着いたのかが書かれている。

自分の中で何か思うことがあって、転職して、まったく未知の世界にも飛び込むなんて素直にすごいなと。

最初はスウェーデンでは言葉も通じなかったそうだし、まったく0からのスタートで選んだ道が間違っていたんじゃないかって思うこともあっただろうな。

それでも自分で選んでいるから今までの道筋を表現できる。

なんだか自分がここ2年くらい自分の頭で考えて過ごしていない気がするなぁと思わされた。

 

あとオーロラは死ぬ前までに見たいなぁ。えらい綺麗だろうなぁ。

大学の同級生と泉ヶ岳で見たなんとか流星群のときも真っ暗な空に流れ星が結構流れててよかったなぁ。寒かったけど。

米沢でほとんど街灯もないところで高校の同級生と見た星空も綺麗だったなぁ。インド人に似た顔と言われていたあの友人は、きっと歴代の彼女をあそこに連れて行っているのだろう。

ご注文を、させてください。 - 枕が恋しい日々 で車に乗せてもらった友人と同一人物。

そういや社会人になって家に彼女が初めてくるかもしれないと思ったときに家でもてなそうと思ってホームスタークラシックをわざわざ購入したのだけれども、結局二人で使うことはなく自分が寝る前に天井に映る星々を見ることが多かった。かすかなモーター音の「ジィイイイィイイィイ」という音が気になって、やや眠りにくくなった。引っ越しのときに売ったら、500円くらいだった。

www.segatoys.co.jp

結構綺麗でいいよ。でも一人で眺めてると、結構、あれだよ。

 

 

 

ミスチル桜井和寿は全225曲中どれだけ「イェッヘッヘ!」と叫んでいるのか調べた - kansou

 

もうタイトルで好きだと思った。

見てみたら声出して笑えた。これ見て、今日ブログ書いてみようと思った。

こういう本気で準備してて、本当にくだらないのが好きだなぁ。

こういうの文章化するからいいんだよな。

182. ロックンロールは生きている  とかでのやたら長いの見た後で、222. ヒカリノアトリエ の短いの見たりするとギャップにやられる。

 

 

以上、人のブログ見てて楽しいなーと思ったので紹介と自分の過去の思い出を取り出す作業でした。

結局人の話するより自分の話するほう好きなんだよな。